サービスエリアにあるATMにてキャッシング

先日、日帰りで関西地方へ桜を見に車を走らせた時のことです。早朝に出発したため、途中のサービスエリアで朝食を取るつもりでいました。

2時間程走り、予定通りサービスエリアに到着。パン屋で会計をしようとしたところ、カバンに財布が入っていないことに気づきました。考えてみると、出発前に財布に現金を入れた後、ダイニングテーブルの上に置いてきてしまったと悟りました。不幸中の幸いなことに、カードケースはカバンに入っていたため、クレジットカードは持っていました。

さて、どうすべきか。来た道を2時間かけて戻り、出直すか。旅費を全てクレジットカードで支払うか。二択しか考えつきませんでしたが、自宅へ戻れば昼ごろの再出発となります。クレジットカードはあれど、観光名所の駐車場や寺院の入場料などの支払うのに利用できるとは考えにくいのです。

途方に暮れ、必死に策を練ったところ、サービスエリアにあるATMにてキャッシングを思いつきました。人生で初めてのことでしたが、藁にもすがる思いで必要な現金1万円のみをキャッシングすることができたのです。

気になる手数料や利子ですが、1万円に対して手数料が108円、利子が197円、後日カード会社から請求が来ました。高額と考えるか否かは今回の場合、自宅まで戻る高速代やガソリン代、何より手間を考えれば、ペナルティーは低額で済んだと感じずにはいられませんでした。