銀行カードローンで取り沙汰されている問題点とは?

この銀行のカードローンの問題点については新聞やテレビでも話題として扱っているように、要は銀行カードローンには総量規制という収入による借り入れ制限がないことが問題の一旦を担っていると言うことができます。

ご存知のように、消費者金融などの金融業者からの借り入れには総量規制が適用されるので、各社を合計しても年収の1/3を超える金額を借りることはできません。ですが、銀行カードローンでは時には年収近くになる借り入れさえ行えてしまうことがありました。

このような無理な借り入れを行ってしまうと、当然まともに返済できる訳もなく、最後には債務整理や自己破産といった道を辿ってしまうことも少なくありません。確かに銀行カードローンには法律的な借り入れの上限金額の決まりはありませんが、こういった問題が増えてきたことから、最近では収入証明書によってきちんと年収を確認し、それによって返済が可能だと思われる範囲で限度額を決めるようになってきました。

まだ各銀行が独自に行っているという段階ですが、消費者金融と同様に50万円を超える希望の場合には収入証明書の提出を求めるようになった銀行が多く、以前のように収入証明書なしで200万円、300万円といった借り入れを行うことはできなくなってきています。

銀行なら消費者金融より大きな金額が借りられる可能性が高いと思っていた人にとっては、この最近の各銀行の取り組みは逆にデメリットとなってしまうかも知れませんが、それ以前に返済できないほどの借金を抱えてしまうことがなくなるようになったと良い方に考えるべきです。

よって、現在では銀行カードローンを利用しても高額の借り入れは難しくなった為、以前ほど話題になっているような心配はしなくても大丈夫だと言えるでしょう。

年末からお正月の大出費、僕は銀行カードローンで切り抜けました。

我が家は5人家族です。僕以外は9月から11月に4人の誕生日が重なります。毎年9~12月は出費が凄いです。それぞれの誕生日にはプレゼント、ご馳走、ケーキ。そして12月にはクリスマスです。サンタクロースにならなければなりません。その他にも我が家は親戚が多く、お歳暮の数、金額もとてもかかります。

そして新年にはその親戚が集まり新年会です。恒例となった『お年玉』も年齢が上がるのと比例して金額も上がります。そして住宅ローンのボーナス払い、固定資産税の支払いもやってきます。昨年はピンチでした。11月の末っ子の誕生日で余裕がなくなりました。

クリスマスプレゼントなどのクレジットカードでで賄えるものは、それで対応しましたが、お年玉や税金、住宅ローンのボーナス払いなどは現金でなければなりません。完全に現金が足りなくなるのは目に見えていたので、住宅ローンを借りている銀行(地方銀行です)にカードローンの申込みをしました。

大体の必要そうな確認書類(免許証、保険証、源泉徴収票)とハンコを持って、その銀行に行き申込書を書いて、その場で申込みしました。在籍確認も個人名なら全然かまわなかったので、その場で待とうかと思いましたが仕事中でもあったので、審査結果が出次第、電話を頂くようにお願いして、一旦銀行を出ました。

2時間ほどで、審査が通った旨の電話を頂きました。翌日に銀行口座に入金して頂きました。本当に助かりました。

ノーローンのカードローンの無利息期間について

新生銀行グループの消費者金融であるノーローンでは、通常の利用であればキャッシングの利用で年4.9%?18.0%の金利がかかりますが、同サービスには何度でも利用できる1週間の無利息サービスがあるので、短期間の借入を何度も繰り返し行うという人には絶対的におすすめできるカードローンとなります。

ノーローンの無利息サービスは、借入日の翌日から7日間が無利息期間となります。
他の消費者金融では30日間の無利息キャッシングサービスなどが実施されていますが、ノーローンの無利息期間は1週間と短いものの、借入金を完済した場合、翌月以降も再び1週間の無利息キャッシングが可能となるのです。

給料日前に一時的につなぎ資金を借りることが多い人には嬉しいサービスですね。

学生のキャッシングの道のりは厳しい

学生であってもバイトをしていて安定的な収入があればできると言われます。
しかし、実際には申込んでも断られたといった話も聞きます。学生のキャッシングが厳しくなる理由を考察します。

1.20歳未満は契約出来ない

民法で未成年者の契約は反故が可能ですので、成人になっていないなら契約そのものが出来ません。

2.親が返すであろうの融資は禁止

貸金業法改正前は親が返すであろう事をあてがって、学生の身分でありながら50万円も100万円も貸付を行っていました。
連帯保証人やその他の人間が返すであろう事を見込んでの貸付は禁止されてしまっています。

3.少額貸付は手間がかかる

実は学生のキャッシングが出来ない理由の最大要因は面倒くさいからなんです。
学生ですと貸せても10万円以下になり、人件費や機械代はそのままかかる上に、学生は滞納しやすいですから、業者としては手間ばかりかかります。

学生さんでしたら、少額貸付に積極的な業者を探してみると良いでしょう。

サービスエリアにあるATMにてキャッシング

先日、日帰りで関西地方へ桜を見に車を走らせた時のことです。早朝に出発したため、途中のサービスエリアで朝食を取るつもりでいました。

2時間程走り、予定通りサービスエリアに到着。パン屋で会計をしようとしたところ、カバンに財布が入っていないことに気づきました。考えてみると、出発前に財布に現金を入れた後、ダイニングテーブルの上に置いてきてしまったと悟りました。不幸中の幸いなことに、カードケースはカバンに入っていたため、クレジットカードは持っていました。

さて、どうすべきか。来た道を2時間かけて戻り、出直すか。旅費を全てクレジットカードで支払うか。二択しか考えつきませんでしたが、自宅へ戻れば昼ごろの再出発となります。クレジットカードはあれど、観光名所の駐車場や寺院の入場料などの支払うのに利用できるとは考えにくいのです。

途方に暮れ、必死に策を練ったところ、サービスエリアにあるATMにてキャッシングを思いつきました。人生で初めてのことでしたが、藁にもすがる思いで必要な現金1万円のみをキャッシングすることができたのです。

気になる手数料や利子ですが、1万円に対して手数料が108円、利子が197円、後日カード会社から請求が来ました。高額と考えるか否かは今回の場合、自宅まで戻る高速代やガソリン代、何より手間を考えれば、ペナルティーは低額で済んだと感じずにはいられませんでした。

サラ金の把握で在籍実証は欠かせません

サラ金の値踏みでは、他社の借入の有無や費消キャリアー、勤めや勤務キャリアなどを確認されるようです。
正社員でなければ借りられないというわけではありませんが、正社員のほうが値踏みに通りやすいのは事実です。
サラ金横が捜し求めるのは、一概に滞納無く費消できるか何とか。
となると安定した報酬があり解雇されがたい正社員が有利に陥るのも当然です。
そして店舗の内容を細く入力しなければなりませんが、これは在籍検索を行うためだ。
最近は値万円程度の借入であれば在籍検索を控えるサロンもあるようですが、一般的には確認があると認識しておいた方がいいでしょう。
こちらから店舗には電話をしないでほしいと申し込むことはできません。
そのため店舗に電話が掛かってくるパーセンテージは高いですが、サロンから呼び出しが来たからといって借入がバレてしまうことはありません。
なぜならサロン横からはサロン名を名乗らないためです。
私立名で電話が掛かってくるため、電話を受け取った顧客はファイナンスサロンだとはわかりません。
もしも本人がその場にいなくても、席を外している・・・などの応答があればそれで在籍検索は終焉となります。
ただし電話を受け取った顧客が過去に借入チャレンジの居残るシーンなど、直感が働いてファイナンスサロンからの呼び出しだと勘づく可能性もないとはいえません。
しかし気付かれてもキャッシングではなくクレジットカードの値踏みだと伝えれば、怪しまれることはないでしょう。

急にお金が必要になった時はキャッシングで即日借りられる!

入院などで急にお金が必要になる時ってありますよね。そういう時に限って忙しくて平日に銀行にお金を下ろしに行けなかったりします。

そんな時におすすめなのがクレジットカードのキャッシング機能でお金を借りることです。カードを作った時にキャッシング枠を設定していればコンビニのATMなどで簡単に現金を借りることができます。

海外旅行に行った際もあらかじめ両替していった現金が無くなってしまってもキャッシング枠を設定していれば現地のATMで現地通貨を引き出すことができます。帰国してからすぐに返済すれば両替の手数料と比較しても安く収めることができます。

なのでクレジットカードのキャッシング枠は使わないにしてもいざという時の為に少額でも設定しておくことをおすすめします。

ただし、収入以上の額は絶対に借りないようにしましょう。借りる時に返済方法が選べますが絶対に一括を選択してください。リボ払いにしてしまうと自分でも分からないうちに金利が膨らんでしまいます。それかカード会社に連絡して繰り上げで支払いを済ませることもいいと思います。

カード会社によっては普通の一括でカードを使うよりもキャッシングの方がたくさんポイントが付くこともあります。

便利な機能なので怖がらずに上手に利用していきましょう。

設置台数が多いアコムのむじんくん

給料日前になると金欠状態になる事が多いですが、そんな時に駅前を歩いていると必ず消費者金融の自動契約機が目に入ってしまうものです。最初は借金をしたらいけないと思って我慢しますが、一度見ててしまうと思わず入ってしまうものです。

消費者金融はほとんどの業者が自動契約機を設置していて主に駅前か国道沿いに設置している事が多いです。全国に設置している台数は業者によって異なってきますが、特に多く設置されているのはアコムのむじんくんです。アコムは最短1時間で融資可能になるので早くお金を借りたい人にはおすすめの消費者金融です。

アコムのむじんくんは外から中が見えないようになっているので周囲の視線を気にする必要はありません。申し込みも備え付けられている電話でオペレーターの方と会話する事が出来るので分からなくなった時はいつでも質問する事が出来ます。また機械の操作も画面の指示に従っていればそれほど難しくありません。そのため初めて利用する人でもスムーズに手続きが完了してカードを発行してもらえます。

キャッシングは怖いと思っている、そこのアナタ!

公園にある、シーソーをイメージしてみてください。例えば「臨時収入」が、シーソーの片側に乗っていだとします。もう片側は「臨時出費」。どうでしょう?臨時出費の方が、ありえないぐらい地面にめり込んでいませんか?家庭を持つ人、小さい子供がいる、来月旅行する、趣味、買いたいものリストがある。

人生には色んなイベントがあります。平穏な人生を送るには、やっぱりそれなりにお金が掛かりますし、突発的な出来事も、自分の意思とは関係なく起こるものです。大事な人と一緒の時間を過ごすのに、ポケットをパタパタやったり、財布とにらめっこするのは、決してスマートではありませんよね。

ひと昔前の日本や、アメリカなどではで腕時計を質屋に入れるなんてことで急場しのぎをしたり、苦労がうかがえます。でも、今は違いますね。キャッシングという方法が、いざという時にとっても役立ってくれますし、すでに利用されている人も多いです。それには色々と理由があります。

キャッシュカードを作ろう!と思っても、審査に時間が掛かるのでは、急場しのぎはできないわけで、それと同時に「返済するときの金利が心配」とブルーな気持ちがSTOPをかけてしまう人もいます。でも、キャッシュカードを作る機関、会社によっては、スピード審査で即解決できますし、金利についても、事前にしっかりと確認することで「心配は取り越し苦労だった」と思えるでしょう。キャッシングはスマートに、そして人生をカラフルにしてくれるツールではないでしょうか。

カードローンを無利息で借りること

お金がいきなり必要になってくることがあるでしょう。そんなときに活用するべきサービスとしてあるのがカードローンです。そして、最近ではこれが無利息期間などを設けるようになっています。つまりは、一定の条件、或いは特にそうした条件を設けることなく、初回の人は何日までは無利息とかそうしたことをしてくれるのです。

これは非常に有難いサービスであるといえますから、しっかりと活用するようにしたほうがよいでしょう。お金を借りる時にはまずコストとして気にするべきなのが利息になります。これをよくよく認識しておいて、カードローンのカードを発行してもらっておくことです。

事前に発行してもらっておくことに特にデメリットがあるようなことはありませんから、これは安心してよいでしょう。そうすることによって、いつでも使えることができる資金源を確保することができるとなるわけです。今ではインターネットで、かなりしっかりと情報を集めることができるようになっていますし、少しでも条件がよいカードローンを利用できるようになっておきましょう。

それがお勧めできるやり方であり、ポイントであるといえるでしょう。カードローンというのは、とても便利なのは確かなのです。