銀行カードローンで取り沙汰されている問題点とは?

この銀行のカードローンの問題点については新聞やテレビでも話題として扱っているように、要は銀行カードローンには総量規制という収入による借り入れ制限がないことが問題の一旦を担っていると言うことができます。

ご存知のように、消費者金融などの金融業者からの借り入れには総量規制が適用されるので、各社を合計しても年収の1/3を超える金額を借りることはできません。ですが、銀行カードローンでは時には年収近くになる借り入れさえ行えてしまうことがありました。

このような無理な借り入れを行ってしまうと、当然まともに返済できる訳もなく、最後には債務整理や自己破産といった道を辿ってしまうことも少なくありません。確かに銀行カードローンには法律的な借り入れの上限金額の決まりはありませんが、こういった問題が増えてきたことから、最近では収入証明書によってきちんと年収を確認し、それによって返済が可能だと思われる範囲で限度額を決めるようになってきました。

まだ各銀行が独自に行っているという段階ですが、消費者金融と同様に50万円を超える希望の場合には収入証明書の提出を求めるようになった銀行が多く、以前のように収入証明書なしで200万円、300万円といった借り入れを行うことはできなくなってきています。

銀行なら消費者金融より大きな金額が借りられる可能性が高いと思っていた人にとっては、この最近の各銀行の取り組みは逆にデメリットとなってしまうかも知れませんが、それ以前に返済できないほどの借金を抱えてしまうことがなくなるようになったと良い方に考えるべきです。

よって、現在では銀行カードローンを利用しても高額の借り入れは難しくなった為、以前ほど話題になっているような心配はしなくても大丈夫だと言えるでしょう。

キャッシングの総量規制対象外とは何?

キャッシングを使っている人には総量規制という言葉を聞いた事があるかも思います。

総量規制とは50万円以上の貸付を行う場合、年収の3分の1までしか貸付を行えない2010年から施行された規制の事を言います。

でもちょっと待って、電車の広告でおまとめローン500万円迄とかよく見るけど、、何故?

それは総量規制の中の一部規制の対象外があるから可能となっているのです。

総量規制はローンの支払いの為の借り換え、俗に言われる段階的な返済のための借り換えは規制の対象外とされています。つまり複数社のローンを返済し、一本化するという事なら総量規制の対象外で相応の金額を金融業社は貸し付ける事ができるんですね。

返済を一本化すると管理が楽な事に加え、金利も節約できます。是非、便利な総量規制対象外のおまとめローン、利用してみてくださいね。